Uncategorized

癌を宣告されたら

投稿日:

癌を宣告されたらどうすれば良いのでしょうか。多くの人にとってこの問いは、手術や抗がん剤といった西洋医療の受諾を前提としたものであり、例えば仕事や趣味、人間関係をどう西洋医療に合わせればよいのかと悩むのが普通です。しかし西洋医療そのものを相対的に捉え、そこから脱却する道を探り始めると、癌と共に生きる術が見え始めます。安易に医師に委ねようとせず、先ずは情報収集してください。インターネットでも書籍でも構いません。同じ癌患者として、より良く生きようとする先輩方のアドバイス、メッセージに触れることができます。「癌患者の会」等で語り合うのも有用でしょう。そして医師から受けたアドバイス、説明された治療方針を、きちんと自分で調べましょう。セカンドオピニオンを求めるのも賢い手ですが、ネットや書籍で情報を集めることもできます。その治療法の副作用も含め、後悔しないために勉強することが大切です。それらをすべて比較、検討した上で、最後に自分が納得のできる治療法を選択するとよいでしょう。

 癌の治療法として最も用いられる「抗がん剤」は、非常に強い毒性を有しています。これは癌に効くだけでなく、正常細胞にも効いてしまう(傷つける)ことを意味します。傷ついた正常細胞は当然、癌化し易くなります。それを防ぐための免疫力も、抗がん剤は奪ってしまいます。もちろん手術や放射線治療も免疫システムを破壊してしまいます。西洋医療は免疫システムを弱め、その結果ウイルスや細菌に弱い身体に変容し、肺炎、多臓器不全に陥るリスクに常に曝されるようになります。例えば抗がん剤で闘っている間に、風邪で亡くなることもあります。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.