Uncategorized

手術の怖さ

投稿日:

抗がん剤は癌の代表的治療法ですが、その割には指標がいい加減であることが知られています。抗がん剤の有効性は測られるのですが、対象となるデータは4週間に過ぎません。この短い期間に投与し、腫瘍が縮小すれば「効果あり」、増殖すれば「効果なし」と判断されるだけなので、爾後長く使い続けてよいと判断する正当な根拠はありません。医療従事者の判断が如何に適当であるのかが分かるでしょう。

 いい加減な評価で採られている治療法は抗がん剤に限りません。手術もまた信用するに値しないのです。理解するのによい例があります。ある妙齢の女性が末期の乳がんに罹患しました。彼女は癌センターで治療を始めることを勧められましたが、過去に同じ癌を患った親が、手術や抗がん剤に苦しんだ末に亡くなったのを記憶していたため、断りました。その後6年以上経ちましたが、彼女は元気に生活しています。手術を受けた親は亡くなり、受けなかった彼女は生きています。手術の有効性が非常に疑わしいと分かる話です。

 彼女のように西洋医療に頼らなかった人は、より充実した生を求めた生活を営みます。彼女の例であれば、毎月ご主人と旅行したそうです。また手術とも抗がん剤とも無縁のため、免疫力は高いまま過ごすことができます。癌宣告を受ければ誰でも恐怖を覚えます。医師から治療法と生存可能性の説明を受ければ、そのまま医師の薦める治療法に賭けてみたくもなるでしょう。しかし彼女の親のような結末が待っているかもしれません。一般的な医師が彼女のようなやり過ごし方を勧めることはまずあり得ません。医師は癌に勝利することを目途に治療方針を打ち立てるからです。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.