Uncategorized

手術の陥穽

投稿日:

手術で癌を取り除くことができれば一番良いのではと考える人は沢山います。特に癌を敵視する西洋医療を信奉する人はそのように思うでしょう。しかし医療従事者であれば、癌と共に生きた方が良かったはずだと思わされるケースに遭遇することがあります。癌だからといって自分の身体の一部を取り除き、何らかの方法でその穴を埋めたとしても、元のように充実した生活を送れるわけではありません。かつて舌癌で闘病していた青年が亡くなりました。医師は彼の癌化した舌を手術で取り除き、その舌に代える肉を他の身体部位から剔出して運び入れました。手術の結果、その肉片を舌の代わりとして用いることは叶わず、仰向けになることもできなくなりました。仰向けになればその肉片が喉を塞ぎ、窒息する可能性があったからです。もちろん唾液も必要な量が分泌されませんでした。唾液は感染症を防止するための重要な役割を担っています。口から侵入する病原体の多くは唾液によって殺されているからです。つまり彼の口から簡単に病原体が侵入できるようになりました。健康な人なら無縁の菌にも耐性が亡くなってしまい、残りの人生は壮絶なものになってしまいました。

 彼が取るべき選択肢は手術ではなく、癌と共に生きることだったと考えます。癌と共生する道を選んだ人は、笑って暮らすようにしましょう。笑いは免疫力を高めることで知られています。最初は死の恐怖を抱えながら簡単に笑えるものでもありませんが、癌を受け入れることができるようになると、自然に笑えるようになります。笑いが免疫力を高めると言うのは非科学的な眉唾物でもありません。例えば分子生物学者の村上和雄氏も研究しています。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.