Uncategorized

漢方薬の基礎知識

投稿日:

 漢方薬も薬である以上、正しく服用しなければなりません。しかし購入の直前に少し勉強した人に限って、使用法をマスターしたかのように自分を過信し、薬剤師を無用と決め込んでしまいます。こうしたケースは大変危険であると言えます。漢方薬の処方にも資格が必要であるのは、それだけの専門知識が必要だからです。素人が少し齧ったくらいで追いつけるものではありません。専門家であれば、服用者の「証」を聞き出すことから始めます。「証」は様々な情報から構成されており、抵抗力、体力、体質等の、個人差が表れやすい回答がそれに当たります。この「証」を専門的見地から分析し、処方する薬が定まります。因みに西洋医療では「証」に当たるものは無く、マニュアルに沿って一律に処方されます。ですから漢方薬の処方は高度な知識と経験を要するのであって、必ず薬剤師等の専門家に依頼するようにします。

 漢方薬は西洋薬の本質である「病気に対する攻撃」に重きを置いていません。最初から心身の統合に力点を置いているため、症状の消失を後回しにします。患者の多くは自分の体質について知悉しているわけでもありませんから、独断で漢方薬を選んでしまうと、却って症状が悪化することもあり得るのです。裏を返せば、西洋薬を服用して症状が悪化することは稀であり、双方のアプローチが全く異なることが分かります。

 例を挙げましょう。葛根湯と呼ばれる漢方薬があります。風邪、頭痛、筋肉痛を対象とした薬です。一見しただけでは自分の風邪にも効きそうなので、素人は下調べもせずに購入してしまいます。しかし葛根湯を呑めるのは、体力に自信のある人に限られます。しかも体格が優れていなければなりません。胃腸の機能が弱っていても呑めませんし、高齢者も避けるべき薬です。もし体力の無い人が誤って呑んでしまえば、下痢を惹き起こします。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.