Uncategorized

経皮吸収

投稿日:

 湿布の危険性は、その薬剤が経皮吸収されてしまうことにあります。経皮吸収とは、皮膚の一部がバリア機能を消失し、そこから有害物質が侵入することを言います。皮膚はその表皮である角質と皮脂膜とで1次的に有害物質をシャットアウトしていますが、表皮は石鹸で洗浄されたりすると簡単に剥がれ落ちてしまい、穴が生じます。この穴から有害物質を含めた様々な夾雑物が入り込むのです。表皮の下に位置する真皮や皮下組織には毛細血管やリンパ管が走っていますが、ここから有害物質が全身に流入することになります。

 我々現代人は清潔を保つために、何度も身体を洗います。石鹸の洗浄力は強力ですから、角質や皮脂膜が完全な状態を保っている人は存在しません。従って、湿布を皮膚に貼れば、必ず薬剤成分が経皮吸収されます。湿布に限らず、有害物質を皮膚に触れさせてはならないのですが、そこまで気に掛けている人はあまりいないはずです。多くの人が皮膚のバリア機能を妄信しているのが実情でしょう。

 湿布に塗られている薬剤には、インドメタシン等があります。インドメタシンには鎮痛作用、解熱作用、抗炎症作用があり、いわゆる解熱鎮痛剤の機序と大差ありません。従って、一般的な解熱鎮痛剤と同様の副作用を惹き起こす可能性があります。現に、湿布の使用で消化器や呼吸器に異変が生じたケースも報告されており、酷いケースでは胃潰瘍や喘息も見られます。こうした副作用に気を付けるように啓蒙することが薬剤師の役割ですが、家庭での湿布の使用の全てを見守ることはできません。使用者自身が湿布の正しい使い方を知ることが大切です。

こうしたものを取り扱うことも念頭に入れつつ、薬剤師の求人を探してみるとよいかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.