Uncategorized

湿布の危険性

投稿日:

 湿布にはインドメタシンのような副作用のある薬剤が塗られているわけですから、それらの経皮吸収を心配しなければなりません。しかし多くの人は湿布の副作用を気にする素振りを見せません。それどころか、記載されている用法を守らないことも珍しくありません。何度貼っても安全だと思い込んでいるのです。しかしインドメタシンは解熱鎮痛剤に当たるわけですから、経口摂取薬の用法を守るのと同様に、湿布の使用方法にも細心の注意を払って然るべきです。湿布を何度も貼り替えるのは、経口摂取薬を数時間置きに繰り返し呑んでいるようなものだと、強く認識する必要があります。外用薬に纏わるこうした啓蒙はまだまだ浸透しておらず、誤った使い方が子どもから高齢者まで広く見受けられます。  湿布の用途は様々ですから、捻挫した箇所に貼ったり、肩や腰に貼ったり、筋肉痛の部位に貼ったりします。人によってはそれらを同時に行うこともありますし、毎日貼ることもあります。その場合の経皮摂取量は正確に算出できませんが、相当な量にのぼると推定されます。湿布薬を貼るだけであれほど痛みが治まるのは、薬の鎮痛作用に他ならず、湿布が痛みの原因を取り除いてくれるわけではありません。つまり根本的に治すためには、血行を促進したり、栄養を取ったりするしかありません。湿布も経口摂取薬のように、なるべく使わないで済ませるのが健康的であると言えるのです。ところで湿布の鎮痛作用は、インドメタシンの効用に加え、プラシーボ効果も含まれていると考えるのが妥当です。湿布を貼った時の冷たさや温かさ、薬剤の匂いが、痛みに効いていると思い込ませてくれるわけです。

薬剤師として活躍をしたいのであれば、まずはこうした一般家庭でもよく使われるものにフォーカスして学ぶこともよいかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.