Uncategorized

6年制度への批判

投稿日:

6年制度を終えた学生は、薬局や病院からの評判がすこぶる良く6年という年月を捧げてでも薬剤師になりたいという意識を持った学生が増えたということは、医療界にとってもプラスの材料になるのかもしれません。

4年で 終える時代よりもさらに専門性が高く目的意識を持って行っているという状況が、ゆとり世代にも見られるような、やりがいがあって自分自身の能力をしっかりと生かすことができる薬局を求めるようになったということは、自由を重んじる教育政策の結果であると言えるかもしれません。

また、長期的な実習で医療現場の現場を見たことで考え方が変わったという人も多いようです。理論の上では服薬の指導や薬の飲み方などを学んでいたが患者と実際に接することで細かいところに気づく部分があり、自分自身の薬剤師としての自覚を芽生えさせるきっかけとなっているということもあるのです。学校で学んだ知識をこのようにして長い期間実践に移すということは薬剤師になってから本来やるべきことなったものですが、それを事前に考えていけるということは前向きに捉えて良い材料であると言えるかもしれません。

6年間をどのように過ごすかということは、薬学部の学生にとっては自覚が終わり2歳分、歳をとったから大人に見えるだけだというような厳しい意見を聞かないようにするためにはしっかりと自覚を持って行動することが重要でしょう。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.