Uncategorized

薬剤師について

投稿日:

薬学教育が、4年生から6年生の制度へと移行したことは、長年薬学の専門性を高めることに尽力してきた人々にとってみれば、大願が成就したと言っても良いほど、大きな出来事であったと言われていますが、実現するためには非常に大変な苦労があったということは皆さんも知っているのかもしれません。

医学部が早い段階で6年間の制度を導入したのに対して薬学部は十分に理解が得られておらず、専門性が高いということも社会的に理解されていない状態が長く続いていたわけです。明治維新から始まる西洋医学の導入は、非常に長い時間をかけて理解されていったということが確実に言えるかもしれません。

薬の生産を今でも発展途上国などは自分の国で生産をすることができない状態が続いているとも言われている現代において、日本は非常に早い段階から薬を生産すると言う薬学産業の発展も続けてきたことは、もう少し注目をされても良いのかもしれません。

それくらい大きな問題であるにも関わらず、薬学教育が日の目を見て来なかったということは宣伝や広告の方法にやや問題があった可能性はあるかもしれませんが、現代においては医学部6年制度に続いて薬学部も6年間の教育を義務付けるようになったということは、一つ大きな願いを達成したと言ってもいいかもしれません。

特に現代では超高齢化社会とも呼ばれるほど高齢者の多い時代が到来することが予測されている他、医療費の高騰などによって、なるべく低コストで薬を量産するという方法を各企業が模索している段階であるとも言えるでしょう。

そのような中で、一体どのようにして薬学教育をとらえばいいいいのかということはあまり討論されてきませんでした。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.