Uncategorized

共用試験

投稿日:

薬学共用試験は、全国の大学が同一の基準に基づいてテストを行うもので、 日本のセンター試験の薬学部版というふうに考えてまちがいはないのではないでしょうか?

ともかく、同一の基準ではかることのできる貴重な機会であるということはまちがいのないことなのですから、じゅうぶんな信頼をおいて受験することができるのではないでしょうか。

ちなみにアメリカにおける薬学教育では日本以上に薬剤師となることを目指している人の人格をチェックするということがしばしばあげられており、個人攻撃とも、なり得るとして、問題視されている一方で、適正な人材を、薬剤師に育て上げるために、窓口を狭くしているということは確実に言えるかもしれませんしこのような機能が薬剤師のレベルを保つことに一役買っていることは間違いないということは言えてしまうのかもしれません。

とにかくアメリカの場合にはどんなにスコアが良かったとしても人格が破綻していたりコミュニケーション能力が不足してしまっていたりした場合などには残念ながら薬剤師としての資格を得ることができないということもあるようですから日本よりもその点については非常に厳しい基準を設けて動いているということはお分かりいただけるのではないでしょうか。

結局のところこのような仕組みというのは人が作ったものであるからどんな国の制度であっても穴があるということは間違いありませんから深く考えすぎない方がいいかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.