Uncategorized

実習などについて

投稿日:

薬学部の長期実習は5年次に行われるもので、入念に準備が必要なのはもちろんのこと、全ての点においてしっかりと知識をつけていることが求められている。

医学部や歯科医師を育成することを目的とした大学は、付属の病院などで実習を余裕をもっておこなうことが出来るということがメリットとして挙げられるのかもしれません。

しかし、薬学部ではほとんどこのような附属の病院が存在しないために、薬学実習においては受け入れ先の問題などもかかえがちなのはしかたのないことなのかもしれませんね。

このような状況では、せっかく大きな薬学部で学んでいるのにも関わらず、外部の大学や附属病院などの医療機関に委託しなければならないということが言われているため、その苦労は医学部や歯科技師が抱えているものとは大きく異なっていたことが言われており、かつての1990年代などには、受け入れ先が見つからないなどとした喫緊の問題であったという事態も存在したということは今からは考えれるものではないかも知れませんね。

医療の現場に立って薬剤師を指導するのが指導薬剤師とよばれるものですが、日本薬剤師研修センターが登場して以降は、薬剤師の養成などに力を入れている様子が伺えるのは進歩した点であると言えるでしょう。それでも、このようなシステムやカリキュラムにも大きな課題があるわけですから、完璧な実習制度というものはまず存在しないと言ってもいいのかも知れません。

そのような中で、薬学部に通う学生の地元へと研修に送り出す「ふるさと実習」も開催されるなど、さまざまな工夫がされている様子は見受けられるのですが、いまいち効果が上がっていない現状はあるのかもしれませんね。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.