Uncategorized

実習の内容

投稿日:

実習は薬学部の中でも非常に重要なウェイトを占めており、一つの薬局が受け入れる薬学部の学生の数は、2人までという風に決まっているため、学生数を絞っているのが特徴であると考えられています。

このようにして一つの薬局当たり受け入れ人数を決めておくことで人気の薬局への生徒の集中であったり、薬局側にも複数の学生を受け入れることで成長を促すような働きがあるというふうに考えられているようです。

基本的にはどのような薬局が学生を受け入れることができるかといえば、カリキュラムがしっかりと実行機能であるキャパシティが備えられていることと、一般用の医薬品の販売の取り組みを行っていること、そして在宅の患者に訪問をして薬剤管理の指導を行うことができる届出などなど、複数のポイントによって選ばれているということが明らかになってきました。

このような事態に対して、薬局自体では対応できないという場合にも備えて漢方などの実習の一部などは他の薬局にも委託できるようにするなど、非常に柔軟な対応が求められているようです。実際の薬学実習などでは、総合的な活動をすることになるため学生自身も事前の準備が求められている上に薬局にとってもしっかりとした準備が必要になってきているということは間違いありません。

薬剤師はただ薬を調剤するだけではなくて、窓口業務などのコミュニケーションも重要になってきています。患者がどのように不安を持っているのかを解きほぐしながら話を進めていき、治療方針を医者に対してアドバイスするというようなことまで行う必要が出てくる場合もあるわけですから、コミュニケーション能力の上達なしに薬剤師は務まらないと言い切ってしまっても良いと言えなくもないのではないでしょうか。

-Uncategorized

Copyright© 使える! 薬剤師転職サイト10選 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.